5月の神楽坂マルシェ!東京八王子・長崎県の素敵な女性農業者さんと会いました!「飲むフルーツ酢の美味しさに感動」

LINEで送る
Pocket

こんにちは。

編集長の松林です。

食の街 神楽坂(東京都)

AKOMEYA TOKYO in la kagūで、W20 登録イベントとして「女性農業者」の食育ソムリエマルシェが開催されました!

「女性の輝く社会」の実現を目指し、日本がイニシアティブをとって始めた「国際女性会議WAW!」。今年は日本がG20議長国を務めることから、G20に提言を行う民間主導のグループW20(Women20)の会合と同時に開催されます。


東京都八王子市長沼公園に面した、新鮮野菜直売所「菱山ファーム」さん。

新鮮な野菜、生花、プリザーブドフラワー、ドライフラワー、ドライベジタブル、自家栽培の綿で作った雑貨などを揃える、すごくおしゃれな直売所さん!


直売所では綿の栽培・雑貨作りなどのワークショップも開催!

作るお野菜は「こんなの食べたい」お客様のリクエストを大切に!

野菜は年間を通しておよそ120種類、お花はおよそ30種類、加工品の販売も行っている菱山ファームの直売所は地域内外のお客さまでいつも大人気。


こんな素敵なプリザーブドフラワー、ドライフラワーも!


長崎県の守山女性部加工組合からは新鮮なブロッコリー、グリーンピースが用意されました。

 


長崎県の川添酢造さん

創業明治33年、良質な水、原料、環境(炭)にこだわって、お酢、こうじ、味噌などを手作りで製造しています。

「水良ければ必ずいい品ができる」という教えを引き継ぎ、雪浦川の清流のもとで昔ながらの麹造り、酢造りを続けています。原料はなるべく近場で揃え、無駄な添加物は入れず、自然な方法で製品造りを大切にしています。


雪浦みそは、合わせ・麦の2種類をご用意


フルーツを使った飲むお酢も飛ぶように売れていました!

主に使用される原料の産地

・味噌
五分搗き米(九州産)、麦(長崎・佐賀)、大豆(佐賀・福岡)、塩(佐賀唐津)

・お酢
無農薬玄米(滋賀県)、五分搗き米(九州産)

・甘酒
うるち米(九州産)、五分搗き米(九州)、もち米(長崎・佐賀)

・その他原料
昔造り醤油(長崎)、海の子塩(長崎)、ゆうこう(長崎)、いちご(長崎)、生姜(長崎)、柚子(長崎)、梅(長崎)、赤紫蘇(長崎)


地元である長崎県西海市の合鴨農法米を使用して作った純米酢(発芽玄米の酢)!

あいがも農法とは、合鴨を水田に方育する事で雑草や害虫餌として食べ、排泄物が肥料となる為、農薬、除草剤、化学肥料などを必要とせず、元気な稲を育てることが出来る農法です。

また川添酢造さんは地域の食育推進に大変力を入れており、年間150回ほど地域の集まり、小学校、学童クラブ、保育園などで味噌作りの体験教室を開催しています。


4月のマルシェの様子はこちら

今回の神楽坂マルシェも素敵な農業者さんばかりで感動!次回の神楽坂マルシェは6月8日、9日に開催します。是非皆さんも足を運んでくださいね!

開催日:第二土曜、日曜日 開催地:AKOMEYA TOKYO in la kagu

〒621-0805 東京都新宿区矢来町67番地 (地下鉄東西線神楽坂駅 2 番出口出てすぐ)

LINEで送る
Pocket

資格:東京農業大学 食農教育研究室 メディアアドバイザー
好きな料理、食べ物:ステーキ・お肉なら何でも大好き!
休みは20kmラン!銭湯に行って焼酎ハイボールを飲むのが日課
記事一覧