第 2 回「ご当地タニタごはんコンテスト-ヘルシー郷土料理で健康まちおこし-」 募集締切は 6 月 2 日(日)まで!

LINEで送る
Pocket

今年食めぐもメディアとしてバックアップする、第 2 回「ご当地タニタごはんコンテスト」のレシピ募集を開始しました。応募はプロ・アマ問わない郷土料理のアレンジレシピコンテストです。皆様からのたくさんのご応募心よりお待ちしております。

第 2 回「ご当地タニタごはんコンテスト-ヘルシー郷土料理で健康まちおこし-」 募集締切は 6 月 2 日(日)まで!

全国大会は 10 月 13 日(日)に東京・二子玉川ライズで開催します。

全国各地に点在する郷土料理は、その地域の風土に 合わせて生み出されてきました。しかしながら、保存や輸送技術、日本人特有の習慣 からどうしても味の濃いものが主流となっています。これを健康という視点で、既存のレシ ピをアレンジし、郷土料理の新しい魅力を生み出していきたいと考えております。

今年で 2 回目となる本コンテストは、日本全国に点在する郷土料理にフォー カスし、地域の伝統的な調理法や調味料を生かしつつ、「タニタが考える健康的 な食事の目安」に則ってアレンジしたレシピを募集し、審査・表彰するものです。 健康という新たな視点から再構築することで、郷土料理の新たな魅力や可能性 を創造し、次世代に継承することを目指しています。

書類選考を通過したアレンジレシピは、全国5ブロック(1北海道・東北(いわき市) 2関東・甲信越(東京) 3近畿・ 北陸・中部(長岡京市) 4中国・四国(広島市) 5九州・沖縄(熊本市))で開催される予選大会で、チームごとのプレゼ ンテーション、試食により審査され、各ブロック上位 3 チームのレシピが選出されます。予選大会を勝ち抜いた合計 15 チーム は、2019 年 10 月 13 日に二子玉川ライズ(東京都世田谷区)で開催される全国大会に出場します。全国大会でグラ ンプリに輝いたレシピには賞金 50 万円が授与されるほか、上位入賞作品には株式会社タニタが監修し、商品化に向けた 取り組みを実施する予定です。

昨年の開催時には、全国から約 130 チームのアイデアレシピが集まりました。全国大会でグランプリを獲得したチームの作 品については現在、順次、商品化を進めています。

〈第 1 回コンテスト結果〉 グランプリ:

「とろ旨っと おかわり頂戴飯」 平子萌花さんチーム 福島県の郷土料理「八杯汁」をアレンジ
(北海道・東北ブロック)

■募集テーマ:「タニタが考える健康的な食事の目安」※に基づき、郷土料理を現代風にアレンジしたレシピ。

※タニタが考える健康的な食事の目安とは:

地域の調理法や調味料も活かしつつ、

  • 1食あたり500‐800kcal
  • 基本は主食、主菜、副菜とするが、これらの要素が入っていれば一皿でもよい
  • 主食(ごはん、麺、パンなど)は100‐200gとする
  • 主菜(肉、魚、大豆製品など)は70‐150gとする
  • 野菜は150g以上使うこと(きのこ、いも、海藻は含まず)
  • 食塩相当量は3.5g未満

■参加資格

1.プロ・アマチュア・企業など問いませんが、3 名以下のチーム編成とすること
2.チームメンバーは全員同一都道府県在住とすること
3.チームの中に必ず地元(その都道府県在住)の栄養士もしくは管理栄養士を入れること

■メニュー形式

・料理の組み合わせ(バランス・お皿の数)は基本「主食」「主菜」「副菜」とするが、これらの要素が入っていれば一皿でもよい

・レシピには必ず郷土料理をベースにすること

・食材に制限は設けません。但し、「日本 食品標準成分表 食品標準成分表2015年版(7訂)」に記載されていない食品や地域の特産品・加工食品などを使用する場合は、代替え食品を提示するか、熱量および塩分が記載されたパッケージやラベルの画像を添付すること

・コストに制限は設けません。

予選大会および全国大会に参加するチームはステージでのプレゼンテーションのみを行い、選考のための調理は、公平性を担保するために外部に委託します。

応募方法・詳細は特設サイトをご確認ください。

【主催】Sante!実行員会:
株式会社タニタ、株式会社イズム、Office G-Revo 株式会社、共同ピーアール株式会社、株式会社丹青社、 学校法人服部学園 服部栄養専門学校、読売新聞東京本社

【後援】一般社団法人全国スーパーマーケット協会、公益社団法人日本栄養士会、福島県いわき市(北海道・東北エリアパ ートナー)、京都府長岡京市(近畿・北陸・中部ブロックエリアパートナー)

【協力】一般社団法人和食文化国民会議、デリカテッセン・トレードショー実行委員会、特定非営利活動法人 NPO 日本食育 インストラクター協会

LINEで送る
Pocket

資格:東京農業大学 食農教育研究室 メディアアドバイザー
好きな料理、食べ物:ステーキ・お肉なら何でも大好き!
休みは20kmラン!銭湯に行って焼酎ハイボールを飲むのが日課
記事一覧