卓球「2019ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン」 日本産米の寿司がブルガリアで大人気! 〜「卓球日本代表選手」〜食事サポートも実施!

LINEで送る
Pocket

全農は、8月13~18日にブルガリア・パナギュリシテで開催された「2019ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン」に協賛し、大会会場で日本産米を使用した寿司を来場者に振る舞いました。また、全農所属の石川佳純選手(世界ランク6位)をはじめ、この大会に出場した卓球日本代表選手を食事面でサポートしました。

大会会場内のブースでは、全農グループ会社である全国農協食品(株)やブルガリアで「冷凍寿司」を製造販売する現地法人 全国農協食品ヨーロッパ株式会社と連携し、日本産米を使用してJAPEが製造した「冷凍寿司」を解凍して販売するとともに、全農の広告を掲載した大会プログラムを持参すると試食ができる企画も実施し、現地で「冷凍寿司」をPRしました。ブースを訪問した現地の女の子は、「寿司を食べるのは初めて。とても美味しくて好きな味。」と語っていました。「冷凍寿司」に対する当初の想定を上回る反応があり、今後、現地で人気が高まると予想されます。

また、この大会に出場した卓球日本代表選手に、全農ブランドのパックご飯やフリーズドライの味噌汁・スープ、国産果物を使用したドライフルーツ、梅干しなどを提供し、大会期間中の選手の食生活をサポートしました。今大会の女子シングルスでベスト8に入った全農所属の石川佳純選手は「私の力の源はごはんなので、海外でいつもと変わらない食事ができて、とてもありがたいです」と、男子シングルスで優勝した張本智和選手(木下グループ)は「本当に嬉しいです。次のチェコオープンも頑張ります」とコメント。

普段とは食事環境が異なる海外でも「ご飯」「味噌汁」といった日本人に馴染みのある食材を提供し、選手が最高のパフォーマンスを発揮できるようサポート!全農らしい「ニッポンの食」を通じたアスリートの支援活動は本当に素晴らしいですね!
LINEで送る
Pocket

資格:東京農業大学 食農教育研究室 メディアアドバイザー
好きな料理、食べ物:ステーキ・お肉なら何でも大好き!
休みは20kmラン!銭湯に行って焼酎ハイボールを飲むのが日課
記事一覧

コメント(2)

  1. 金子典世さん

    記事一覧

    2019年9月1日

    冷凍寿司って初めて聞きました!
    お寿司大好きなので、とても興味深い内容でした。
    日本食の人気、来年のオリンピックに向けても更に注目されそうですね!

  2. 瓦林花菜さん

    記事一覧

    2019年9月2日

    記事拝見させて頂きました!

    冷凍寿司初めて聞きました。
    海外で活躍している日本選手達に少しでも元気の源となると良いですね!