万城食品が、伊吹漁協公認「伊吹いりこ」ブランドの鍋つゆを発売予定!遂に全国で「伊吹いりこ」ブーム到来の予感!

LINEで送る
Pocket

こんにちは。

編集長の松林です。

讃岐うどんに目がない私は、相当の出汁マニア、かと(笑)

夏休みは、毎年うどん旅に出かけています!

讃岐うどんの出汁といえば、伊吹いりこ。

まさに日本一の出汁と言いたいところですが、東は鰹出汁の文化だからでしょうか、関東圏にはあまり進出していません。関東の小売店の煮干し売場では、伊吹いりこをほとんど見かけません。

“伊吹いりこ”とは

香川県伊吹島の沖合で漁獲されたカタクチイワシを用い、伊吹島で加工された煮干魚類で、伊吹漁業協同組合が取り扱うものをいいます。サイズにより、大羽、中羽、小羽、カエリという銘柄があります。「伊吹いりこ」とはこれらを総称した名称です。

「伊吹いりこ」の特徴は、漁場と加工場が非常に近く、漁獲から加工まで網元が一貫して生産していることです。水揚げから釜揚げまで30分以内に処理されたものだけが、”伊吹いりこ”と名乗れます。足が早いイワシを、新鮮なうちに加工して身割れを防ぎ、美しいイリコに仕上げています。実は伊吹いりこには、等級は存在しません。すべてが”最上級品”です。

今回編集部にホットなニュースが飛び込んできました!

万城食品が、伊吹漁協公認「伊吹いりこ」ブランドの鍋つゆが9月1日に発売予定!

しかも香川県伊吹島のブランドいりこ 「伊吹いりこ」 を 100%使用!

いつも編集部が愛用しているアプリ「motsごはん」の万城食品から発売というのが、これまた縁を感じますね。

鍋も、〆うどんも!

ストレートタイプと濃縮タイプの 2 種類のラインナップで、ストレートタイプは本品をそのまま入れるだけで簡単に 本格的な「いりこ鍋」を味わえます。濃縮タイプは 1 袋が 1 人前の小袋で、味の濃さや作る量をお好みで調節できます。さらに化学調味料無添加!

鍋つゆというと一般的にストレートタイプの商品が多いので、濃縮タイプの小袋は新しいですね!

編集部の予想では、あごだしブームの次は、伊吹いりこが来ると思っています(私だけじゃなく、他の編集部員も!)

〆の讃岐うどんまで、ワクワクできる鍋つゆ!発売が楽しみですね。

LINEで送る
Pocket

資格:東京農業大学 食農教育研究室 メディアアドバイザー
好きな料理、食べ物:ステーキ・お肉なら何でも大好き!
休みは20kmラン!銭湯に行って焼酎ハイボールを飲むのが日課
記事一覧

コメント(2)

  1. 中村享平さん

    記事一覧

    2019年8月7日

    うどんで有名な香川県のいりこを使っているんですね!
    スーパーなどに行った時は探してみます!

  2. 大江亜矢子さん

    記事一覧

    2019年8月10日

    伊吹いりこって等級がないんですね!
    全てが最上級品だとは初めて知りました!

    いりこで取ったお出汁、本当に美味しいですよね\^^/
    化学調味料が無添加なのも嬉しいです!

    ぜひ冬のお鍋に使ってみたいです!