野菜ソムリエプロが教える!南高梅の選び方・調理ポイント・保存方法・食べ合わせ

LINEで送る
Pocket

こんにちは。

野菜ソムリエプロの又野です。

今、旬のピークを迎えている南高梅について書きたいと思います。

【品目】
南高梅(なんこううめ)

【豆知識】
ナンコウバイと呼ばれることもあり、間違いではないが正式にはナンコウウメ。

特性としては、果皮が柔らかく、食物繊維ペクチンが緻密。よって口どけの良い加工品に仕上がる。一方で加工に機械化が難しく手作業が多い為、高価である。

種は大きさの割に小さく、可食部は多い。また、梅の中でも最も大きく育つ。

収穫は他の青梅が樹木からハサミや手などで収穫するのに対し、南高梅は自然落下した完熟果実がある。この様な手間のかかる南高梅は中でも最高値がつく。

旬は青梅と比べて2週間ほど遅い

梅酒に向かない?→味はとてもいいが皮が柔らかくて濁りやすいため、こぞって使われることはない。しかし濁り梅酒としての需要も少なくない。気にならない方は是非挑戦して欲しい。

見た目で一部赤い場合があるが、これは日光による日焼けで品質には問題ない

【旬】
5月下旬〜6月中旬

【主な産地】
和歌山県

【選び方】
大きいもの
打ち実のないもの
黒星病の少ないもの
形がいびつでないもの
多少赤みがある方が甘いと言う見方もある

【調理のポイント】
一度冷凍することにより、エキスが出やすくなる
黒星病のところは食べられるが食感は硬い。→梅酒にしてしまう方法もある。

【保存法】
冷凍か、早めに加工する。

【栄養素100gあたり(一日推奨量)】
クエン酸1.6〜4g(10〜15g)
カルシウム 12mg(500mg-700mg)

【食べ合わせ逸話】
梅干し✖️うなぎ
科学的根拠はなく、むしろうなぎのビタミンB1と梅干しのクエン酸は共にスタミナアップに役立つ。また、クエン酸が胃液の分泌を促し、消化の悪いうなぎのあぶらの分解を促進する。

昔はうなぎのあぶらと梅の酸味がお腹を壊すと信じられていた。
梅干しで食欲が増えると高価なうなぎを食べ過ぎて財布が泣く
などの理由で悪い食べ合わせとされたようです。

LINEで送る
Pocket

職業:食育関連
資格:食育インストラクター、野菜ソムリエプロ
好きな料理、食べ物:野菜全部
野菜の話をしたら止まらない!たまにストップかかります笑
記事一覧

コメント(2)

  1. ゆうかさん

    記事一覧

    2019年6月11日

    南高梅、漬けてみたくなりました!!
    熟した梅って生で食べることはできないのですか?

  2. 大江亜矢子さん

    記事一覧

    2019年6月11日

    手作業で丁寧に作られているのは贅沢ですね!

    私自身、透き通ったようなきれいな梅酒を好みがちだったのですが、
    味が良い濁り梅酒にぜひ挑戦してみたいです!