パプリカとピーマンの違い

LINEで送る
Pocket

野菜ソムリエプロの又野です。今回はパプリカについて書きます。

【品目】

パプリカ

【豆知識】

カラーピーマンとの違い

パプリカ→サラダなど生食

赤ピーマン→炒め物

パプリカは水分が多く肉厚で熱で水分が出やすい

赤ピーマンはピーマンの苦味をほのかに残し、パプリカより硬く締まっている。

パプリカの色の違い

赤→カプサンチンというカロテノイドの色。栄養価のみ見ると赤の方が優れている。ビタミンC.Eなど

黄→カプサンチンの合成が少ない為、黄色に見える。栄養価は赤に負けるが、柔らかさ、癖のなさでは食べやすい

オレンジ→赤と黄の中間

【旬】

6月〜8月

【主な産地】

韓国、オランダ

【選び方】

重いもの

ヘタが新鮮なもの

艶があり、色ムラが無いもの

【調理のポイント】

水分が多いので加熱は最後に入れる

中の白いスジワタにはビタミンなどの栄養素が集中するが、かすかな苦味の元ともなる。

雑味を気にするならしっかり除く

【保存法】

新聞紙に巻きポリ袋に入れ、野菜室

色素は壊れにくいので干しても大丈夫。

薄くカットして生のまま冷凍保存で約1カ月持つ。

パプリカにもしっかり旬がありますので、意識して店頭価格をチェックしてみてください。

LINEで送る
Pocket

職業:食育関連
資格:食育インストラクター、野菜ソムリエプロ
好きな料理、食べ物:野菜全部
野菜の話をしたら止まらない!たまにストップかかります笑
記事一覧

コメント(1)

  1. 山口貴史さん

    記事一覧

    2019年4月14日

    最近スーパーでもよく見ますよね!
    子どもがyoutubeでパプリカのダンスを覚えてからパプリカを見るたびにテンションが上がっています!
    ビタミン豊富なんで子どもたにも食べてもらえらたらいいなと思いました!