「2日酔い予防」

LINEで送る
Pocket

【身体の専門家 柔道整復師ニュース】

おはようございます!
ヤマグチです!!

先日は久しぶりに会社の行事で東京に行きました!
美味しいお酒を飲みすぎました(笑)

そこで今日は
【2日酔い予防】について

よく言われることですが、空腹状態でいきなりお酒を飲むと、空っぽの胃の中にお酒が流れ込み、アルコールが腸から吸収されてしまいます。その結果アルコールの吸収が早まってしまうので酔いやすいと言われています。

手軽に食べられる枝豆、ナッツ、チーズのような軽食でもいいので、お酒を飲む前に食べておくとアルコールの吸収を遅らせることができます。

お酒を飲んでいる途中に水を飲むのも、酔いにくくするとても良い方法です。

たとえば、特に利尿作用が強いといわれているビールの場合、ビールを1ℓ飲むと1.5ℓぐらいが尿(水分)として出ていきます。

アルコールだけ飲んでいると脱水症状になってしまうこともあります。できれば飲んでいる途中、アルコールを飲んだ量の1.5倍ぐらいの水を飲んでいただくと、普段よりかなり酔いにくくなると思います。

お酒を連続で飲むのではなく、お酒を1杯飲んだら水やお茶といったノンアルコールの飲料を挟むようにすると、悪酔いや二日酔いをしにくくなるでしょう。

今日を楽しみながら
明日も元気に過ごせるように
この情報がみなさまのためになれば幸いです!

LINEで送る
Pocket

職業:パパさん
資格:健康管理能力検定1級
記事一覧

コメント(0)